FAソリューション:生産管理システム
どのような事にお悩みですか?

■トラブル時にロットやシリアル番号で確認したい

トラブル発生時に、商品の特定に時間がかかってしまう。
どの機器で発生したか、ロットやシリアル番号で製品管理して、確な情報を知りたい。

■どの製品を「いつ」「どれだけ」「いくらで」生産するのかを把握したい

何を、いつ、どのくらいの量を、いくらで出荷するのか、原価計算を正確にする為にも、作業時間や原材料費を正確に計算したい。

■在庫管理が、不足したり余ったり。管理しきれていない。

出荷数がいつも不規則に不足したり余ったり、出荷の動向を踏まえて、仕入れや、人員の調整を含めて、生産ラインを調整したい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

製品ごとに、ロットとシリアル番号を記録・管理する為、すぐに特定する事ができます。

2

生産計画を正確に立てる事で、納期管理や進捗管理が行えます。

3

在庫管理を正確に行う事で、仕入れや出荷の調整を図り、適切な製品数を確保出来ます。

生産管理システムとは、設計・生産・販売といったモノづくりに関わる情報を一元管理し、 生産性を向上させるシステムのことです。
生産管理システムは各生産工程に必要なシステムの集合体であり、 一元管理する事によって、業務の無駄を省き、生産効率を向上させる事ができます。

産管理システムのメリット

9つの基本的な機能について

製造管理機能

■作業進捗の確認や、作業負荷を管理できる

仕掛品の流れを把握してより効率的に現場改善を行えます。
工程管理においては、機械や作業者などリソースごとに能力値を設定する機能があります。 設定後「負荷照会」機能を利用することで、日ごとの負荷状況を参照できます。

○作業指示 ○作業進捗照会  ○作業日報

上記の機能をベースとして、追加機能を加えると、お客様の生産工程にあった管理を行えます。 下記の機能を追加する事により、より充実した生産管理システムにカスタマイズできます。

■Option機能・・・・・・・・

生産計画機能

■どの製品を「いつ」「どれだけ」「どれくらいの費用で」生産するかを計画できる

生産を行う上での土台となる部分です。
どの製品を「いつ」、「どれだけ」、「どれくらいの費用で」生産するのかを高い精度で計画でき、 過剰生産や製品不足を防ぐことができます。見込み生産計画をシステム上で立てられるので、 従業員の動きを適切に調整することも可能です。

資材管理機能

■原材料・補助部品の仕入れ計画できる

生産計画と並行して必要になる原材料や補助部品の量を計算し、納期に間に合うように仕入計画を立てられます。

○製番管理・手配表
○所要量計算

販売管理機能

■販売数を把握・予測する

製品を効率よく生産できるようになっても、販売できなければ在庫が増え続けて維持コストがかかります。 生産管理システムの販売管理機能によって販売量を正確に把握・予測して、事態を防ぎます。

○見積もり ○受注 ○出荷 ○売上

仕入管理機能

■仕入れの管理を柔軟に行える

多くの企業では、仕入先の納期遅れや納品ミスに対応できないという悩みを抱えていました。 しかし、生産管理システムで仕入管理をすれば将来的な仕入先の変更なども考慮でき、 リスクヘッジを行って他企業に対する競争力を維持できます。

○発注 ○支給 ○受入検収

生産システムロットトレース

生産システム等のロボット制御

ロット番号を記録・管理 → ロット情報を追跡 → トラブルの起きた工程を特定

在庫管理機能(ロットトレース)

■作業進捗の確認や、作業負荷を管理できる

「製造管理」と連携し、過剰在庫や在庫不足の発生を抑えます。 仕入れから出荷までをロット番号で紐付けすることで、出荷後の製品に使用されている材料、 部品が「いつ」「どこから」入荷したものか、即座に判断可能です。

○入出庫 ○在庫照会 ○棚卸し ○ロット管理

BOM(部品表)管理機能

■作業進捗の確認や、作業負荷を管理できる

生産管理システムには「BOMエディター」が搭載されており、設計部門における「設計BOM」、 製造部門における「製造BOM」、購買部門における「購買BOM」を素早く作成できます。 これらのデータは1つのデータベースで管理するので、製品に関する全情報が一元化されます。

予算管理機能

■純利益を見通した生産管理を行える

生産管理システムには、組織全体や工場別の最適な予算を簡単に編成できる予算管理機能も搭載されています。 当初計画されていたコストと期末のコスト実績とを比較して改善策を提案し、 PDCAサイクルを回していくことでより高精度な予算編成を可能にします。

原価管理機能

■営業効率を上げるための機能

生産管理システムがあれば、通常では把握しにくい製品原価を適切に管理することも可能です。 人の手で原価計算をする場合に比べて、システム上で原価管理をすれば正確性・信頼性を担保でき、 営業部門が見積もり価格を提示するよう求められた場合にも安心です。

まずは、ご相談ください。
プロの視点で、ご提案致します。

追加機能に関しては、
お客様の業務内容やご要望により、
導入する内容が異なります。
詳しくは、お問い合わせ下さい。

023-645-9591

AM9:00~PM5:00 まで
受け付けております。

ファナック等のロボット制御、システム開発は山形のアルファシステムにご相談ください。