HOME遠隔操作技術

●通信網の制約で1セット当たり5台程度が限界で、6台以上はセットごと追加になる。
●台数が増加するにつれ、操作表示の反応が遅くなる傾向。





★既存の**機に遠隔操作機能を追加する場合

●既存設備はそのままで、通信機器と 通信網の整備(Ethernet)で、これまで 以上の操作性が実現可能!!
●事務所から現場までの通信はEthernetの 1系統のみ!!
●**機3台ごとに子局を追加することで、 拡張可能!!
●故障の際は親子コントローラーの交換で対応し 弊社技術員の出張は必要ありません。






●これまでは安全確認のために、その都度現場に 行く必要がありましたが、これからはデジタル カメラで常に監視することが可能になり、 遠隔での操作がより安全になります。
●**機のEthernet通信機能の追加で、操作系と数値情報のレスポンスが高速になり システム全体の連携がしやすく
なります。
●ライン制御に関係する信号は現在と同様に I/Oで行います。
●事務所内のinternet環境に接続すると、 遠隔地からのトラブル復旧が時間差なしで行えます。






*詳細はお気軽にご連絡ください
このページのトップへ