FAソリューション:リモート監視(見える化)システム
どのような事にお悩みですか?

■稼動データを集積して、稼動状況を把握したい

今まで具体的なデータ解析をしてこなかったので、だいたいの稼働率しか把握出来ていない。
稼動データを集積して、稼動率の具体的な数字目標を立てたい。

■稼働率やエラーをグラフ化して、毎月のミーティング資料にしたい

稼動状況やエラーをグラフ化し、より具体的な数字をミーティング資料にしたい。それを資料を基に作業員の効率化を図りたい。

■ネットを介した共有ツールで、各営業所で稼動情報を共有したい

各営業所が離れている為、電話やFAX等での情報共有がまちまちになっている。ネットを介したツールで、情報共有を図りたい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

集積したデータを解析し、グラフや表に置き換え、日毎や月毎の稼働率を見える化します。

2

モニタ上にミーティング資料として稼働率グラフを表示し、具体的な業務確認に活かせます。

3

Teams等のネット上のデータ共有ツールに、稼働率グラフ等をリンクさせ、遠方でも確認できるシステムを構築します。

各機器の稼動データは、現場の声の宝庫でもあります。 これらの貴重な情報を活かすことにより、工場内の課題や、機器のトラブル、稼働率や出荷目標、仕入れの調整等、生産安定に繋がる情報が見えてきます。
この、見える化をリモートで監視し、分かりやすくグラフや表に置き換え、共有する事で、稼働率の向上を図ることが出来ます。

動状況データを集積する

まずは、各機器や、現場での工程管理のデータを収集する必要があります。
正確に稼動状況の実績を数字化し、現場の状態を記録する事により、情報を見直し、共有して、今ある問題や、これからのビジョンを明確に打ち出す事ができます。
現場の状況を把握する為に、稼動状況を色別に信号化したり、カメラで稼動教協を記録したりします。また、確認したい部分を遠隔でも細部まで表示できるなど、リモートでできる機能は、多岐にわたります。

状態管理

■ライン状態の見える化

現場に行かずに、稼動状況をモニタ上で確認できる。

■データの見える化

データをグラフ等に置き換える事で、推移を一目で確認できる。

リモート カメラ監視

■カメラ監視システム(登録位置移動)

■ソーラーパネル外観 例

■発電機の動作状況 例

カメラシステム(移動可能)

■PTZカメラ監視システム
(マウス操作による自由な移動)

登録位置移動のほか、点検作業などではマウス操作で任意の位置へ移動が可能

マウスポインタを希望の場所に合わせクリック!

■PTZカメラ監視システム(マウス操作による拡大・縮小)

登録位置移動のほか、点検作業などではマウス操作で任意の位置へ移動が可能

ズームイン(拡大)
マウスポインタを画面上に合わせマウスホイールを手前から奥へ回転。

ズームイン(拡大)
マウスポインタを画面上に合わせマウスホイールを奥から手前へ回転。

積したデータをグラフや表に置き換える

各集積したデータを、目的別に置き換える作業をシステム化する事により、数字だけでは見えてこなかった、稼働実績や、エラーの頻度、業務内容等が見えてくることにより、 明確な改善や、具体的な目標数を出すことができます。
また、これを各営業所などで共有化を図ることで、離れた場所でも、タイムラグがなく、会議資料等でも使用する事ができます。

稼動状況を表やグラフに置き換える

■目標数と実数を表にする

■表にして、1日、1週間、1ヶ月、年間等に推移を確認

モート環境について

リモート確認や作業を行える事で、広い工場内で、 短時間に確認作業が行える他、各営業所の専門的な知識や技術の共有化を図ることも可能になります。 これによって、良質な商品を安定供給できる仕組みを構築できます。

リモートモニタ

リモートで情報を収集解析出来ます。工場内で、モニタや端末で稼動状況や、稼働率を数字で確認する事ができます。

リモートメンテナンス

機器のエラー状況も見える化を図れることから、VPN接続で遠方の専門スタッフからメンテナンスを遠隔で行う事も出来ます。

大画面モニタでの情報確認

MMS(マルチモニタシステム)を利用して、大画面で必要な情報を分かりやすく、誰にでも共有でき、全体の運転状態や各情報が一目で判別できます。

事務所で表示されるモニタの様子

リモート監視(見える化)システムのMMSとは

複数のモニタを使用して多彩な情報を一括表示することで、複雑な操作をせずに、わかりやすく確認できます。
マルチモニタシステムを使用したシステムで、これまで中央監視室内で運用している機能を継承し、個々に存在していたシステムを統合化したシステムをMMSと呼でいます。

大型モニタとタブレット端末の使い分けでより機能的に

事務所での操作の場合はタブレット端末を固定用の器具に装着し操作を行います。固定用の器具から外すことで、現場に持ち運び装置のそばで状況の確認が可能になります。 (安全を確認しながらの操作に役立ちます。)

Teams等の情報共有サービスにもデータを反映できる

コロナ禍を受けて、出張や会議開催が難しい中、情報共有サービスを利用する事業所様も多数ございます。
それらのサービスにも、生産現場の稼動状況や、データ解析した情報を反映する事も可能です。
詳しくは、お気軽にお問い合わせください。