FAソリューション:生産装置稼働状況モニター
どのような事にお悩みですか?

■稼動状況の確認で巡回するのが大変

稼動状況を確認するのに、広い工場内を随時巡回しなければならない。
人員も時間も掛かるこの作業を何とかできないものか?

■稼動状況管理をシステム化するのに費用が高そう!

稼動状況の管理をシステム化するのに、費用がけっこう掛かりそうでなかなか着手出来ない。 安くシステム化できないだろうか?

■稼動状況をデータ化したいが、手入力ではもう限界。

稼動状況を確認したものを、手入力で管理していたが、手間がかかって大変。
もっと簡単に集計や管理を行いたい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

既設設備の積層信号灯に本製品を設置するだけで、稼働状況を「見える化」します。

2

機能を必要最小限に絞ることで初期導入費用を大幅に抑え、低コストで導入が可能です。

3

データはLTE通信で自動収集できるので、集計や管理が効率的に行えます。

工場設置図

既設設備の積層信号灯に本製品を設置するだけで、稼働状況を「見える化」します。
データはLTE通信で自動収集し、既設の設備に影響を与えません。
稼動状況は、リアルタイムでモニタに映し出され、データの集計や管理も簡単に行えます。

産装置稼働状況モニターのメリット

短工期・低コストでの導入が可能

弊社の稼働管理システムは、機能を必要最小限に絞ることで初期導入費用を大幅に抑え、低コストで導入が可能です。 ※LTE通信を使用したシステムの為、大掛かりな工場内配線工事が不要で、初期導入費用を大幅に削減できます。
工場のレイアウト変更時等にも、迅速に対応できます。
※携帯電話における通信規格で、第3世代携帯電話(3G)と第4世代携帯電話(4G)の中間に位置する規格です。

機械の種類・メーカー・型式・年代を問わず設置可能

様々なロボット制御

工場には、旧式の機械や新しく導入した機械が混在しているケースが多くあります。 その都度、メーカーや、仕入れ先に問い合わせをしながら、システムを構築するのは容易な事ではありません。 弊社のシステムは、新旧機械が混在する工場にも導入が可能です。

システムの設定が簡単

ソフトウェアのインストールが不要です。
積層信号灯に取り付けられた本製品照度センサーにより、何色が点灯しているかを読み取る。
読み取ったデータを本製品送信機よりLTE経由で送信。
クラウドサーバーで信号情報を受信、自動集計。リアルタイムに稼働状況をモニターできる。

リアルタイムでモニタ表示

積層信号灯に設置した本製品により生産設備を集中監視し、工場内設備の稼働状況をリアルタイムでモニタ表示します。
作業者は工場内を巡回することなく設備の稼働状況(正常稼働、停止、異常、中断)を把握でき、問題発生時に迅速な対応が可能になります。

産装置稼働状況モニターの構成

積層信号灯に取り付けられた本製品照度センサーにより、何色が点灯しているかを読み取る。
読み取ったデータを本製品送信機よりLTE経由で送信。
クラウドサーバーで信号情報を受信、自動集計。リアルタイムに稼働状況をモニターできる。

【 稼働状況モニターシステム構成 】

稼働状況モニターシステム構成 稼働状況モニターシステム構成

見える化システムの実証事例

稼動状況をモニターに色別表示する。

モニターの色で稼動状況を識別し、誰でもすぐに状況把握をできる事により、迅速な対応や、作業の無駄を省き、生産効率を向上させる事が出えきます。
モニターの表示は、簡素化して分かりやすくする事が重要です。

時間ごとの稼動状況を色別の表にする。

また、稼動状況は時間ごとの集計や、その他の必要項目に合わせて、システムを構築することが可能です。
データの集積を図る上では、どのような情報が必要かをヒアリングさせて頂き、モニターでの表示を行っていきます。

集計したデータを比較し、問題点を洗い出す。

対策前では停止状態(赤)が、特に夜間に発生していることが判明。 対策により停止状態の割合が減少し稼働率が向上しました。
集積データは、稼動の改善点や問題点の宝庫です。検出したデータを元に、工場の効率化を図れます。