カメラソリューション:"製造ライン監視カメラシステム"
どのような事にお悩みですか?

■監視カメラで情報漏洩の抑止効果を図りたい

監視室や、工場内の機密情報の漏洩を防止する為に、監視カメラで抑止効果を図りたい。
24時間体制で、しっかり管理したい。

■現場での不良品の流出を防ぐ為にカメラで商品管理を行いたい

不良品発⽣時の細かな流れや、箇所を特定出来ない。再発防止の為にも、工程を監視、録画したい。

■駐車場/搬出入エリア等の人の出入りが多い箇所を管理したい

事故や物品紛失のリスクがあるエリアで、出荷品の入れ違いや、配送業者の手違いが発生している。ミスを未然に防ぎたい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

工場や機密室等、管理が必要な場所を、カメラで24時間体制で管理できます。

2

不良品の流出を、各工程毎にカメラで撮影する事で、防ぎます。

3

人の出入りや、引継ぎが多い個所では、カメラ監視で録画する事で、すぐに確認できます。

多くの人が出入りする生産現場では、監視カメラを上手に活用できるかが、安定・安全運転の鍵となります。
広角のレンズや、動作を操作出来るカメラ等、環境と人の動きに合わせた設置で、24時間体制で安全を確認できます。
詳しい設置の内容は、お気軽にお問い合わせください。

視カメラシステムのメリット

24時間しっかり監視でき、録画で後からの確認も可能

■セキュリティーの強化には、カメラ監視は欠かせません。
現代の人員不足に加え、働き方改革が叫ばれている昨今では、監視に人員を配置するのは、非効率且つ、正確に記録出来ません。
また、危険個所の侵入や、操作上のミスがないか、モニタ上で複数人での確認を行えます。

現場での不良品発生の抑止や発生時の復旧確認に活かせます

■人の記憶ではなく、記録での正確な管理
工場の作業工程でミスが発生した場合、人の記憶だけでは、正確な判断が出来ません。
監視カメラにより、早期の原因特定の為に作業⼯程全体を詳細に記録します。これにより、不良品の特定と、迅速な復旧作業を行う事ができます。

人の出入りや、次工程の引継ぎに生じるミスを管理する

■人の出入りや、物の動きを管理する
漏れのないトレーサビリティを確保するには、製品出荷時も重要です。
そこで必要なのが、出荷・流通の状況も含めた映像によるモニタリングです。
ナンバープレートの自動検出により、配送業者の車両やドライバーを認識。より細やかな追跡が可能です。

視カメラの選定や設置について

監視カメラシステムのことなら、何でもご相談ください。防犯設備士、Axis認定プロフェッショナルがご相談承ります。
動体を検知して撮影するタイプの監視カメラや、鮮明な高画質デジタル映像を撮影するタイプ等アルファシステムが長年培ってきたノウハウを存分に発揮する、監視カメラシステムをご紹介いたします。

■カメラの各種タイプ紹介

動体を検知すると自動的に撮影・録画するタイプ

カメラが動体を検知すると、検知した数秒前から録画を開始。大事なシーンを見逃しません。

鮮明な高画質デジタル映像を撮影するタイプ

4K、8K映像の録画も可能です。

昼間、夜間を問わず撮影するタイプ

デイナイト機能を備えているので、薄暗い場所や、夜間照度が低い場所でも、撮影が可能です。

明るい、暗いが混在する場所で撮影するタイプ

非常に明るい領域と暗い領域が混在しても、ワイドダイナミックレンジ(WDR)機能でバランスの取れた撮影が可能です。

暗い場所で撮影するタイプ

非常に暗い環境でもLightfinder機能でカラー映像を撮影することが可能です。
これは、人物や車両、事件等を確実に識別するための重要ポイントです。

FAQ

カメラの種類がたくさんあって、選定できない…
どこにカメラを設置すればいいか、わからない。

弊社防犯設備士、Axis認定プロフェッショナルが適切なアドバイスをいたします。

工場内のどこにつけたらいいか分からない

現場調査から導入、運用保守サポートまで、幅広くご対応いたします。