カメラソリューション:入退室管理システム
どのような事にお悩みですか?

■オフィスビルの各フロアごとに入退室管理したい

各フロア毎に、部署が異なり、セキュリティーの度合も異なる。複雑な管理を、より分かりやすく管理したい。
また、共有スペースは、トラブルが無い様に、カメラを通して状況の確認も随時行っていきたい。

■機密室等の入退室管理を徹底したい

機密室の情報漏洩や、機器の持ち出し等が無い様に、入退室管理を徹底したい。 データで入退室の情報を管理し、特定の職員で確認、共有したい。

■マンションの管理を警備員ではなく、システム化したい

今までは、警備員に入退室の管理をお願いしてきたけど、感染予防やプライバシー保護の観点から入退室を無人で管理したい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

機密室等の管理を徹底する為に、カードや指紋認証等、様々なセキュリティー管理ができます。

2

入退室の様子をカメラで確認し、合わせてカードで開閉。時刻や人の記録も残せます。

3

感染予防や、プライバシー保護の観点から、無人でのシステムが進んでいます。

オフィスビル等の多くの人が共有するスペースでは、入退室の管理が複雑になります。 しかし、様々な情報の管理や、入退室の管理は、セキュリティ―上、最も注意を払わなければなりません。
入退室管理をカメラやカードを使用し、監視モニタで確認する、システム化を図ります。 これにより、より正確に、複雑な管理を一元化する事ができます。
また、指紋認証や、静脈認証等、様々な認証技術を取り入れ、より高度なセキュリティーを可能にします。

退室管理システムのメリット

オフィスビル等の各フロア毎に入退室管理を行う事ができる

■各部署毎にアクセス権等設定可能
入退室管理をシステム化する事により、部や課ごとにアクセス権限を設定したり、スケジュールを設定することで、 時間割での入室/退室の制限を設けることも可能になります。
鍵の役割をカードや指認証等で行う事が出来、カメラで状況確認も行います。 これにより、より高度なセキュリティーを維持し、複雑な管理を一元化して行う事ができます。

機密室等のセキュリティー管理に最適

■カメラでのモニタ確認と、カードでの入退室履歴の記録
入退室の情報は、管理モニタで管理され、日時や期間、場所等を区切って確認、検索を行う事ができます。
異常を確認した際は、管理室からモニタで状況確認を行い、即座に対処する事ができ、事故やトラブルを未然に防ぐ事ができます。 また、状況に応じて、音声を組み合わせる事も可能です。

マンション等の管理をシステム化する

■感染症予防と、プライバシー保護
人との接触をなるべく避け、感染症予防する事は現代では必須です。 また、マンションの方のプライバシー保護の観点から、入退室の管理をシステム化する事は、重要な課題といえます。
入退室管理システムで、カメラとカードでの管理を行い、正確な記録と無人化を図る事ができます。

介護施設や、保育施設で求められる入退室管理

■事前申請のある方のみを、人物確認したうえで鍵を解除する
保育園等で、事前に申請があった方のみに乳幼児の受け渡しを行わなくてはなりません。
また、介護施設でも、徘徊等を避けるために、基本的には施錠して、一部の方のみ解除できる様にする必要があります。
状況に応じて、カメラも管理できる事で、より確実な管理が行えます。

退室管理システムの特徴

入退室の状況が一目で分かる

■入退室の状況が一覧で表示される
「いつ、どこに、誰が」入室/退室を行ったかが、イベント画面に一覧で表示されます。 通常の入室/退室の他にも、アクセス許可の有無、ドアのこじ開けや閉め忘れが一覧で表示されるため、ドアの状態を簡単に確認することができます。
検索タブを開けば、その場で必要な情報を抽出できます。

アクセス権限の設定

■期間やセクション毎の設定が可能
1週間単位のスケジュールを設定することで、ユーザーに時間割での入室/退室の制限を設けることができます。(タイムゾーン設定)
部や課ごとにアクセス権限を設定したり、個別のドアごとにアクセス権限を設定することもできます。(アクセスレベル設定)

各フロアの入退室状態を図面で確認できる

■図面に配置されたドアの色で、現在入室しているか等が分かる
フロア図を取り込むことにより、図面上で視覚的に入室/退室の状況を確認することができます。
図面上にドアを配置して、入室・退室しているかが色別で状態の変化を示します。

クライアントに管理室の情報を共有

■運用・管理をクライアントと共有する事で、見える化を図れる
管理PCとは別のPCにワークステーションをインストールすることにより、クライアントPCから履歴の閲覧、 システム設定の変更、レポートの抽出等、管理PCを変わらない運用・管理を行うことができます。

カメラとカード認証で供連れ防止

■なりすましでの入室や、カードの不所持を防ぎます
カメラで入退室を管理し、カードでも不所持の場合の入退室を制限します。 入室時にカードリーダーにカードをかざさずに入室した場合、アクセス権限を有したユーザーであっても、退出不許可となります。

より高度なセキュリティーの為に様々な生体認証機器に対応

■バイオメトリクス技術にも対応します
各人に固有の身体的または行動的特徴であり、アプリケーションやその他のネットワークリソースにアクセスするために個人を認証するために使用されます。

■指紋認証機器 ■静脈認証機器
■顔認証機器  ■虹彩認証機器

火災報知器との連動

■人命を第一に考えた設備
火災報知器が発報した際、ユーザーの安全を確保するため、管理するドアを一斉に解錠することができ、緊急時の避難の妨げとなりません。
安心してご使用頂けます。