FAソリューション:画像処理
どのような事にお悩みですか?

■人手不足で、検品作業がおいつかない

近年の人手不足に拍車を掛けて、コロナ禍で、急な欠員が出るなど、対応を強いられている。
安定した検品作業を行うためにも、人手不足を何とかしたい。

■どうしても不良品がでてしまう。
検品作業の精度を上げていきたい

人の目が検品している為、どうしても不良品がでてしまう。何とか、不良品を出さずに、お客様の信頼を得たい!

■人件費削減を図りたいが、
人手に頼らざるをえない

どのように人員削減を図ればいいのか、具体策が思いつかない。人手に頼らざるをえない状況を改善したい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

画像判定機器で安定した検品作業を行える為、少人数でも管理できます。

2

作業員の見逃し、誤検出の防止を行える為、お客様の信頼度を得る事ができます。

3

お客様のご要望の聞き取りから、具体的なプラン、アフターケアまで丁寧にサポート致します。

画像処理技術が近年、非常に注目を集めています。
その理由は、人間の眼を超える処理能力の技術開発が行われており、 日常の色々な場面でも画面処理の技術が応用されているからです。
画像処理で得られたデータを工場内のシステムに取り込むことで、 人員削減や製品の向上等、様々な効果を得られます。

像判定機器を現場に導入するメリット

検品作業の精度が上がる

■画像判定による正確な検品
今まで問題視されてきた、作業員の見逃し・誤検出の防止や高速ライン対応などが可能になるため、検品作業の精度が上がります。
これにより、お客様の信頼度を向上させることが出来、クレーム対応等の無駄を省くことができます。

作業の労力・人員コストが下がる

■コロナ禍での商品の安定供給にも
検品作業員を画像判別機器に置き換えることで、作業にかかる労力や人員コストが下がります。 予測できない欠員対応に追われることなく、商品の安定供給にも繋がります。

生産工程の自動化が進められる

■生産工程の自動化(FA化)
画像判別機器とその他ロボット・システムを組み合わせることで、生産工程の自動化(FA化)が進められます。 たとえば画像判別機器のエラーに連動して、ロボットアームによる製品除去や別のコンベアへの製品移動を行うプログラムを組み込めば、 人の手を借りずに製品の検品が可能です 。

安全な現場環境を作れる

■長時間稼働や危険な場所での作業可能
画像判別機器には疲労やケガ、病気が存在しないため、長時間稼働や危険な場所での作業も問題なく遂行できます。 そのため、長時間労働や危険箇所での作業による労災を防ぐなど、安全な職場環境の構築が可能です。

像センサでできる事

現状の課題

判定基準を明確にしたい

全数検査したい

検査履歴を管理したい

費用を抑えたい

生産量を増やしたい

目視検査の場合

判定基準が人依存であいまい
過検出で歩留まり低下

見落とし発生

別途、必要なデータを
記録する作業が必要

継続して人件費が発生

検査員の育成が必要

画像センサを使うと

数値管理で、いつでも同じ判定基準
安定した検出基準で歩留まり向上

検査漏れ無し

検査履歴は自動で蓄積

初期の導入費用のみ

設定をコピーするだけ

像センサ活用シーン

製造業に代表される工場で画像処理技術は主に品質管理に使用されています。 ある工場では深刻な人手不足による品質管理の問題が発生していました。 しかし画像認識により、品質検査が可能になり、人手不足が解消されたという事例があります。
工場の品質管理では、「傷」や「かすり傷」あるいは「不良品」といった識別が必要です。 本来、これらの作業は人の眼で行っていましたが、それ同等の技術を有する画像処理により、高い品質管理が行えるようになりました。


【画像センサの代表的な用途】

■有無・品種判別検査

飲料ボトルの入り数カウント

■位置決め・アライメント

カメラモジュールの組み付けアライメント

■寸法検査

コネクタピンのコプラナリティ検査

■外観検査

LED欠陥検査

■認識検査

基板上の文字認識

業における画像処理技術

❶野菜・果物の色判定

❷野菜・果物の糖度判定

使用されているのは主に色を認識する技術です。 これは主に収穫時期や野菜・果物の活用用途に使用されます。 例えば、トマトの場合だと、赤色の色合いにより、使う用途が分かれます。 赤く熟したトマトはジュースに使ったり、ケチャップに使ったりといった使い道が適しています。 逆にピンク色に近いトマトはサラダにして食べることが適しています。

犯における画像処理技術

  • 防犯カメラに映ったものが異常なものかどうか、識別することに利用されます。
  • 高い画像処理技術により防犯カメラに映った人の顔から、個人を特定することも可能になりました。
  • 人間の眼により近く、時にはそれ以上の認識技術を24時間、防犯カメラなどで使用することが可能となりました。
  • 挙動不審の人物の特定など静止画ではなく動的な動きなどの詳細に認識できる技術が開発されています。

険エリアへの侵入を抑止

  • 重大な事故を未然に抑止します。
  • 工場内の危険エリアを常時撮影して、従業員の侵入を検知したらアラートで警告。
  • 映像を録画し、検証することで今後の対策も図ることができます。