FAソリューション:ロボット制御
どのような事にお悩みですか?

■省人化を図る為にファナックロボット等を使用し、自動化を図りたい。

少ない人数で、何とか商品の出荷数を上げていきたい。 ファナックロボットをはじめとする様々なロボットを使用し、どのように作業を自動化できるか検討したい。

■労働時間の管理を考えると生産効率が落ちてしまう。

労働時間や、安全保障の面で、どうしても生産効率が落ちてしまう。交代制で稼働するしかないのだろうか?

■作業員によって、作業スピードに差が出てしまう。

人によって、生産効率にバラツキが出てしまい、商品の安定供給を図れない。
何とか解決策はないのだろうか?

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

ロボットが生産工程を担当する事で、少人数で作業工程を管理することができます。

2

24時間稼働可能なロボット化により、作業員の労働時間や安全確保を維持しながら、生産効率をアップできる。

3

生産速度や安定性等、人的要素での生産効率にバラツキがない為、商品の安定供給を図れる。


Fanuc等のロボット制御を請け負います

昨今の人手不足や労働環境の変化に伴い、ロボットの導入は製造業界では急務とされる課題の一つです。
弊社では、あらゆるメーカーのロボットの立上げが可能です。 また、機器制御を司るコントローラーとのインターフェース構築も行います。
最近ではファナックロボット制御の問い合わせが増えています。
ファナックロボット立ち上げのシステムインテグレーターとして、ご用命ください。 早期の問題解決や効率的な立上げ、メンテナンスの優位性をご提供いたします。

業用ロボットの導入メリット

省人化による労働力確保&運用コスト削減

■人材確保が困難な現代社会
産業用ロボットを導入する最大のメリットが「省人化」です。ロボットが人間に代わり生産工程を担当することで作業員を減らし、重要な作業に最適な人員配置ができるので労働力確保&運用コスト削減につながります。 少子高齢化によって人材確保が困難になっている現代日本において産業用ロボットの活用が鍵を握っています。
弊社のロボット制御技術で、お客様のシステムに合ったロボットの導入をご提案いたします。

Fanuc(ファナック)等ロボット制御のコンサルティング

生産性向上
~24時間安定した生産が可能~

■最小限/無人による24時間生産も可能
産業用ロボットは、人間のように作業スピードに差がなく、生産効率が変動しないので計画通りの生産が可能です。 産業用ロボットを導入することで24時間稼働が可能になり、FA(ファクトリーオートメーション)実現や人件費削減にもつながります。

工場(プラント)の無人化・省人化

作業スピードの差

■人的要素による作業率のバラツキ
産業用ロボットなら作業スピードに差がなく、計画通りに生産できます。 作業マニュアルの確認や、作業年数等による、仕上がりや生産量の差を無くす事ができる為、作業計画や、作業効率を上げることができます。

工場(プラント)の無人化のメリット

ロボットビジョンシステムを導入

■品種識別や画像検査、ティーチング等も自動化
ロボット単体ではいわば“体だけの状態”なので考えて行動することができませんが、 ロボットビジョンがあれば人間のように判断しながら作業を行うことができます。 そのため、より高度な作業が実現可能になるのです。

ロボット制御のメリット

用性の高い産業用ロボット

多品種対応
~汎用性が高く、さまざまな生産に対応できる~

産業用ロボットは、専用機械に比べて汎用性が高く、プログラミングを書き換えることで多品種対応できることがメリットです。 また、従来の産業用ロボットは品種が変わるたびにティーチングの手間がありましたが、 ロボットビジョンシステムを導入すれば画像処理で品種識別し、自動で最適なプログラムを呼び出すことも可能です。
ファナックロボット立ち上げのシステムインテグレーターとして納得のサービスをご提供いたします。

Fanuc(ファナック)ロボット制御

スクと無駄を回避

山形で幅広いFanuc(ファナック)ロボット開発に対応

多品種対応
~汎用性が高く、さまざまな生産に対応できる~

これまでのハンドリングはシリンダーなどの組み合わせでユニット化し工程間の搬送を行ってきましたが、 ロボットを使用することで、複数の工程間ハンドリングが可能となります。
そのことでユニットを省けることや、位置決めに対しシビアな調整ではなくティーチングで回避できます。
設計時には気づかない機械的な干渉が発生しても、ユニットの作り直しの場面が減少します。