FAソリューション:トラブルシューティング
どのような事にお悩みですか?

■突然のトラブルにも、すぐに対処してほしい

忙しい時期に限って、トラブルはつきもの。 突然のトラブルで工場がストップしてしまうと、お客様の信用問題にも繋がる。
迅速に対処してもらえる様な、サポート先はないだろうか?

■復旧するのに、時間と費用が結構かかってしまう!

トラブルの際は、直接来てもらって確認すると、出張費や状況確認等、問題解決まで多くの時間を要してしまう。 もっと早く解決してほしい。

■繰り返し同じ様なトラブルが起きているように感じる

同じような小さなトラブルが最近立て続けに起きている。 大きなトラブルになる前に、未然にトラブルを防ぎたい。

アルファシステムが
解決いたします!

i'll solve it.

1

ネットワークを活用して、トラブルシューティングを行う事ができるので、迅速に対処します。

2

遠隔でトラブルシューティングを行えるので、出張費を抑え、解決出来ます。(ケースによる)

3

小さなトラブルから大きなトラブルに繋がらないように、問題を特定し、解決へと導きます。

生産設備にとっての大敵は、突然訪れるトラブルです。 普段から予防保全に取り組み、トラブルの発生そのものを未然に防止するように取り組みをされていると思いますが、 それでも、人為的なミスも含めてゼロにはできないのが実情ではないでしょうか。そこで必要となるのが、 効果的なトラブルシューティングです。

ラブルシューティングとは

トラブルシューティングとは、問題解決のことです。

■一つ一つのトラブルを狙い撃ちする
トラブル(trouble)は困難悩み困った状態。 シューティング(shooting)は狙い打つ投げ込むなどを意味します。 一つひとつのトラブルを狙い撃ちするように、効率よく解決していくことが、トラブルシューティングだといえます。 発生したトラブルを解決するための、ヘルプやサポートを行います。

トラブルシューティングの基本的な手法

工場や設備を円滑に運営する為には、ネットワークを活用して、トラブルシューティングを行う事で、 迅速に復旧作業にあたる事と同時に、トラブルを未然に防ぐことも非常に大切な事と言えます。
一人ひとり、現場にあたる方が、下記の内容を意識し、状況把握にあたることで、より安全な運営が可能となります。
弊社は、トラブルシューティングは基より、トラブルを防ぐための取り組み等、様々な場面でサポートさせて頂きます。
その上で、下記の6つのステップを参考にして頂ければと思います。

■6つステップを把握する

ステップ 1.問題内容を把握する

ステップ 2.原因を調査・分析する

ステップ 3.解決策を考える

ステップ 4.課題を設定する

ステップ 5.課題を実行する

ステップ 6.結果を検証する

問題内容を把握する

トラブルシューティングは、問題内容を把握することからはじまります。 大雑把に内容を把握するのではなく、要素ごとに、細かく把握する必要があります。 問題の対象発生場所内容等のテンプレートシートがあると便利です。

■何に対する問題か?
■問題はどこで発生したか?
■どんな問題が起きたか?

原因を調査・分析する

原因を調査・分析することは、問題内容をしっかり把握していなければできません。
コンピュータシステム等の調査・分析には、エンジニアのスキルを持つ弊社が行います。
弊社では、経験と知識を基に、問題内容の把握を行い、調査・分析をした上で、原因追求をいち早く行います。

解決策を考える

一つひとつの原因・解決策を、可能性の高いものから試していくのが、効率的なトラブルシューティングです。

【問題は再現できないか?】
問題を再現できるという事は、原因やプロセスを、完璧に理解したという事になります。

【原因や解決策で、最も一般的なものは何か?】
複数の原因や解決策が考えられる場合、最も一般的なものはどれかを考えます。

課題を設定する

問題を解決したら終わりでは、生産性は高まりません。 問題解決後に課題設定を行うことは、プロセスの中で、最も重要なことです。

■どうすれば、問題の再発を防げるか?
■どうすれば、より迅速に解決できたか?
■似た問題が起きたとき、人材が必要か?

トラブルを迅速に対処する為にも、課題をしっかり設定します。

課題を実行する

課題の実行とは、3段階に分けて行われます。

【1段階:実行できる機会を探す】
設定した課題を実行できるタイミングを、普段の業務の中に探します。

【2段階:課題を実行する】
1段階で定めたタイミングで、課題を実行します。

【3段階:結果を検証する】
生産性を高め続けるために、結果を検証し、より効率的な方法や次の課題を探します。

結果を検証する

結果を検証し、今後の対処法や、解決策が他にないか検証します。
また、トラブル時の対処法や、工程表を弊社でまとめ、お客様に資料提供等も行います。
万が一のトラブルに備え、最短で復旧にあたるために、最善の策を日々検討しています。